株式会社エレメンツリンク

ビジネスに成功を、人生に元気を Think simple, make complex

実施レポート 「IT業界で求められる人材像」@厚生労働省 緊急人材育成基金事業

先日の5月14日に「IT業界で求められている人材像」と題して講話を行いました。

この講話は、株式会社ハーモニーレジデンスさんが実施されていた『厚生労働省 緊急人材育成基金事業』のカリキュラムでした。

厚生労働省 緊急人材育成基金事業

厚生労働省 緊急人材育成基金事業

会場は受講生の方々で満員でした。3ヶ月の訓練期間の終盤のカリキュラムだったこともあり、受講生の皆さんはみなうちと溶けた雰囲気で、明るくお話しをされている人たちもいました。元気であることはいつでも大事なことですね。

講話の資料を作っている段階では、かなりIT業界の就労状況や職種に関する内容が多かったのですが、実際の講話では、より一般的な就労状況や目標達成のための手法などがメインとなりました。これは、講話を始める挨拶の中で「みなさん、今日はどんな話を聞きたいですか?」と聞いてた結果で講話内容をアレンジしたためです。

具体的には、「IT業界の話は聞いてみたい」「より広い業界で参考となるスキルアップの方法」「自分の適性を見つけるコツ」などがありました。

IT業界の一般的な話に加え、「技術者にもコミュニケーション能力や国語力は大事」「ホウレンソウは基本で一生使える」などのお話をしました。
スキルアップの方法は「現状と『なりたい状態』を比べてみて、必要なことを明確にして、それに近づくためにいつどこで何をどのくらいしていくか?」ということをホワイトボードに図解しながらお話しました。

厚生労働省 緊急人材育成基金事業

厚生労働省 緊急人材育成基金事業

適性・適職については多くの人が関心があったようです。ここでは「自分のたな卸し」のお話をしました。自分の経験やスキルがどんなところで「必要とされる人材」と一致するのか、またそうなるために必要なことをどう見つけていくか?というお話をしました。

講話が終了した後も、カウンセリング的な相談や、よりひとつのテーマを深堀りしたお話を聞かせてほしいなどのうれしいコメントをいただきました。

今後もこうした機会があればぜひがんばりたいと思います。

「IT業界で求められる人材像」@厚生労働省 緊急人材育成基金事業

Comments are closed.